トップページ > 施工事例紹介トップ > 吉村建設「中古住宅購入に伴う改装」

吉村建設

中古住宅購入に伴う改装

中古住宅購入に伴う改装

御施主様は、この中古住宅を取得される前から近所にお住まいで、賃貸から持ち家の検討をされていました。この土地に愛着があり、出来れば近くでの住み替えができればと考えられていたところ、タイミングよく売り出しの看板を見つけられ、そこからトントン拍子に話しを進められ購入を決意されました。

購入に先立ち、実際の家の状態の下見にも立ち会わせていただく事で、購入後のリフォーム案への実現可否も同時に検討させていただきました。当初は大空間のLDKを希望されていましたが、柱を抜く間隔があまりに広くなる事と、二階の壁の真下の柱を抜く事になるために、可能ではあっても耐震性能が大幅に低下する旨をお伝えしたところ、こちらの考えを理解していただけ、耐震性能を落とさない間取りでのリフォームを受け入れて下さりました。

画像にカーソルを乗せると、左に拡大画像が表示されます

リフォームポイント※画像をクリックすると拡大します

キッチン施工前 キッチン施工後   浴室施工前 浴室施工後

<キッチン>
カウンターがとても大きなキッチンでしたが、ダブルシンクや壁廻りをステンレス板で囲うなど、時代を感じさせるつくりでした。様々なショールームに頻繁に足を運ばれ、奥様が一番お気に召されたシステムキッチンを導入しています。

 

<浴 室>
タイル張りの在来浴室から、シシテムバスに取替をされました。もともとあった窓は残したいという要望でしたが、外の面格子は視線を遮る事に難点があったため、通風を確保しつつプライバシーを確保できる、羽根が可変式のルーバーをお勧めしました。

玄関施工前 玄関施工後   小屋裏断熱施工前 小屋裏断熱施工後

<玄 関>
建物の顔でもある玄関。木製のものが取り付けられていましたが、長年の紫外線や風雨の影響を受け、経年劣化を感じる状態であったため、今あるドア枠を利用した全取替を提案しました。廻りのタイルとの調和も考え、選択された色と柄がうまくマッチしています。

 

<小屋裏断熱>
施工に先立ち小屋裏に入ってみると断熱材が入っていませんでした。住宅購入前のお住まいは鉄筋コンクリートであったため、意識されていなくても断熱性能の違いを感じられるだろうと考え、小屋裏への断熱材の敷設を提案。是非入れてほしいという要望に添わせていただきました。

バルコニー防水施工前 バルコニー防水施工後   通風格子施工前 通風格子施工後

<バルコニー防水>
バルコニー下の天井部に漏水跡があったので、既存のバルコニーの床の防水を疑ってみましたが、予想通りかなりの劣化が見受けられたので、防水改修をお勧めしました。防水工事は金額の割に満足感(完成後の楽しみ)が得られにくいのですが、建物の耐久性を保つには最も重要な項目のひとつである旨を説明したところ、主旨を理解していただき施工する事になりました。

 

<通風格子>
内部からの手動操作により、格子の角度を調節する事が可能です。上部の波板の張替えとそれを受ける木材の塗装は、ご主人自らの手によって実施されました。家を購入された結果、ご主人は非常にDIYに興味を持たれ、あちこちに手を施されているようです。

ゴミ処理機

~ゴミ処理機~

近隣は田んぼや畑があり、家庭菜園をされていた?前オーナーさんの名残りで、
珍しい生ごみ投入口と処理機らしき機材がありましたが、
不要なものと判断され、その役目を終えました。

施工事例

会社概要

名 称 吉村建設株式会社
http://www.yoshiken-co.net

大きな地図で見る
所在地 〒730-0851 広島市中区榎町4番21-401号
連絡先 TEL:082-232-6361 / FAX:082-292-9599
創 業 昭和2年4月1日
建設業許可 建設工事業
許可番号 広島県知事許可(特-22)第1358号
建築士事務所登録 ニ級建築士事務所
登録番号 広島県知事登録 第08(2)2194号
営業種目
  1. 一般住宅新築工事設計施工
  2. 一般住宅増改築工事設計施工
  3. 社寺建築設計施工
スタッフ 8名
有資格者
  • 一級建築施工管理技士 1名
  • 二級建築施工管理技士 4名
  • 二級建築士 2名
ブログ http://19710415.at.webry.info

ページのトップへ