トップページ > 施工事例紹介トップ > 吉村建設「こだわりを持ったキッチン」

吉村建設

こだわりを持ったキッチン

こだわりを持ったキッチン

RCの3階の建物。日頃生活される2階のリフォームを行った。施主様の家族構成はご夫婦2人に子供さんが3人で5人家族。
今回リフォームをする事になった一つのきっかけとして、子供さん達の自宅での勉強をすぐそばで見ていてあげたいという思いがある。以前のキッチンのレイアウトでは奥さんご自身が家事などされていると勉強を見る事ができなかった。
今回、対面キッチンにした事で家事をされながらでも子供さん達の様子や勉強など見る事ができるようになった。

画像にカーソルを乗せると、左に拡大画像が表示されます

リフォームポイント※画像をクリックすると拡大します

対面キッチンにするにあたって、施主様はカウンターや造り付けの書棚など細かな寸法にこだわりを持たれた。カウンターで勉強する際のノートを広げても大丈夫なように、高さもダイニング椅子を兼用する事もあるので、ダイニングテーブルと同じ高さで等のこだわり。書棚に関しては、書物やファイルなどの寸法を考慮しながらの寸法決めとなった。そういったこだわりは図面やイメージ図ではなかなか解らない。実際、施工する時に現場で寸法やイメージのチェックを行い進めていった。そうやって施主様自身が考えられ、こだわりのキッチンが完成した。

キッチン施工前 キッチン施工後   リビング施工前 リビング施工後

<キッチン>
対面式のキッチン。カウンターや書棚などは、パイン材を使いクリアー塗装で仕上げ。壁面は塗り壁仕上げとした。白い壁と木の自然な色で、ナチュラルテイストが好きな施主様のイメージ通りに仕上がった。壁の空間を使い、小物など置くスペースも現場でのやり取りの中から出来上がった。

 

<リビング>
以前は造り付けの家具が壁一面に取り付けてあり、圧迫感があった。その家具を撤去し、白い壁にする事で部屋も広く見える。この壁面も塗り壁で仕上げた。家具が無くなり、テレビなどを置くスペースがなくなったので新たに別の位置へ家具を持って行き、キッチンで家事をしている時などもテレビを見ることができると喜ばれていた。

玄関施工前 玄関施工後   浴室施工前 浴室施工後

<玄 関>
玄関スペースも玄関収納と収納ドア、廊下のフローリング張替えなど行った。玄関に水槽(1200ミリ幅)を置かれていて、以前使っていた玄関収納カウンタータイプは水槽を上に置いていた為、天板が曲がり戸の開閉が困難になっていた。 水槽は別の場所に置いてもらうようにしてもらい、収納力の玄関収納を取付けた。物入れがあったが奥行が少なく使い勝手が悪かった。壁を少し前に出す事を提案し、奥行を確保。これでご主人の趣味の道具はスッキリ収納できるようになった。

 

<浴 室>
浴室もタイル貼りの浴室からユニットバスへ取替えた。以前は、タイル貼りの上無駄に広かったので非常に寒い思いをされていた。窓に関しても寒さ対策として内窓の取付けも行った。RC造の柱などの関係で以前より少し狭くはなったが、快適に使われている。

施工事例

会社概要

名 称 吉村建設株式会社
http://www.yoshiken-co.net

大きな地図で見る
所在地 〒730-0851 広島市中区榎町4番21-401号
連絡先 TEL:082-232-6361 / FAX:082-292-9599
創 業 昭和2年4月1日
建設業許可 建設工事業
許可番号 広島県知事許可(特-22)第1358号
建築士事務所登録 ニ級建築士事務所
登録番号 広島県知事登録 第08(2)2194号
営業種目
  1. 一般住宅新築工事設計施工
  2. 一般住宅増改築工事設計施工
  3. 社寺建築設計施工
スタッフ 8名
有資格者
  • 一級建築施工管理技士 1名
  • 二級建築施工管理技士 4名
  • 二級建築士 2名
ブログ http://19710415.at.webry.info

ページのトップへ