トップページ > 施工事例紹介トップ > 吉村建設「住み継いでいくためのリフォーム」

吉村建設

住み継いでいくためのリフォーム

住み継いでいくためのリフォーム

築50年を迎えた木造住宅。ご主人が生まれた時から結婚されてしばらく暮らしていたお宅。ご主人はご両親からこの家を受け継ぐことになった。50年間修理や補修などは行っていたが、間取り変更などの大規模改修は初めて行う。
改修前はタイル貼りの浴室に、北向きの流し台、和室や押入、納戸と細かく区切られた空間だった。

プランニングのため要望を聞いたところ、「できるだけ広いリビング・ダイニングにしてもらいたい」・「床の間は思い出があるので、今のままを残してほしい」・「水廻りの機器は新しいものにしてほしい」などであった。敷地南側には池のあるきれいな庭がある。「庭を眺めながら調理がしたい」と奥様。

その要望に応え、そこに住む人が快適な暮らしができるように設計し、施工していく。ひとつの住宅に永く住み継いでいくためのお手伝いができたことを嬉しく思う。

画像にカーソルを乗せると、左に拡大画像が表示されます

リフォームポイント※画像をクリックすると拡大します

水廻りの機器もすべて最新のものへ取替。システムキッチンも対面型、調理をしながら庭も見える。
完成して「これで3人の孫達が来てもみんながそろって食事ができる」とおっしゃっておられた。

廊下施工前 廊下施工後   キッチン施工前 キッチン施工後

<廊 下>
窓は1階部分すべて断熱サッシに取替をおこなった。断熱サッシによって暖熱性能が向上。障子も大きな透明ガラスの建具に取替をし、部屋の中から庭がよく見えるようになった。

 

<キッチン>
以前は北側で独立した空間になっていたキッチン。この度対面キッチンとし以前流し台があった場所には大容量の食器収納棚を設置。炊事中に庭を見たり、ご主人と会話したりできるようになった。

浴室施工前 浴室施工後   洗面所施工前 洗面所施工後

<浴 室>
北側にあるタイル貼りの寒そうな浴室。ユニットバスルーム+断熱窓に取替、場所は同じ北側でも保温性能、断熱性能の向上で暖かな浴室に。

 

<洗面所>
窓が大きく収納も少ない洗面所。窓を断熱窓の小さなものに取替。天井・壁・床にも断熱材を入れ断熱性も向上させた。収納も充分に確保し衣類やタオル、洗剤などもスッキリ納めることができる。

廊下施工前 廊下施工後   玄関施工前 玄関施工後

<トイレ>
小便器と大便器が分かれていた以前のトイレ。手洗いカウンターを設け、最新の便器(TOTO:ネオレスト)に取替した。広々としたレストルームに仕上がった。

 

<玄 関>
玄関ドア、木製をアルミ製に取替。玄関壁の装飾に竹が使ってあった。壁のじゅらくを塗り替えるため、いったん撤去し再利用で取りつけた。

木梁から鉄骨梁への取換え

今回、プランで気をつけた事は細かく区切られた空間をひとつの空間にする点。それは柱を何本か抜かないと実現しない。2階を支えている柱もある。事前調査を入念におこない構造計算をし、柱を抜いた梁の補強方法を検討した。
木材料を使うのであればもっと大きなものに取替えれば充分に2階の荷重には耐えられる。しかし、天井の高さも考慮しなければならないので、あまり大きな物をいれると天井より下に材料が見えてしまう。化粧で梁材を見せることもあるが今回は隠さなければならなかった。その結果、木よりも小さな寸法で補える鉄骨を使用することにし、木の梁を鉄骨の梁に入れ替えた。

柱・梁の撤去状況

<柱・梁の撤去状況>

撤去を行う柱・梁が支えている部分にジャッキを使い養生(下がらないよう)をする。
下がらない事を確認し、柱・梁の順番に撤去をしていく。
撤去したからといってすぐに倒壊することはないが神経を使う作業ではある。

鉄骨梁の搬入状況

<鉄骨梁の搬入状況>

約5mの鉄骨材。搬入にも気を使う。まずどこからどうやって搬入するかである。玄関からは入らない。
幸いにも鉄骨梁を入れる部屋には大きな開口があり、その前は庭。その外側に道路がある。
道路からレッカーを使い搬入することにした。
レッカーから搬入先まで一直線、庭の樹木や花などの気をつかいながら無事搬入完了。

鉄骨梁の取付け状況

<鉄骨梁の取付け状況>

鉄骨を床から約2.5m上の取付け箇所まで持ち上げるために小型のリフトを使用した。
リフトだけでは高さが届かないのでいったん架台に載せ架台ごと持ち上げる。
取付け箇所まで持ち上げると素早くボルトを締めていく。
この時注意するのはきちんと水平になっているか、ジャッキを抜いても下がらないかの確認が大事。

鉄骨梁の取付け完了

<鉄骨梁の取付け完了>

ブレースを取付け、ボルトの締め忘れやゆるみがないかチェック。
鉄骨の搬入から取付けまでを1日、作業員10名でおこなった。
それまでの現場での準備が2日間掛かっている。
大変な作業であった。大変ではあったがこの作業をしたことによって
安心して暮らせる空間を造れたことは確かだと思う。

図 面

リフォーム図面

施工事例

会社概要

名 称 吉村建設株式会社
http://www.yoshiken-co.net

大きな地図で見る
所在地 〒730-0851 広島市中区榎町4番21-401号
連絡先 TEL:082-232-6361 / FAX:082-292-9599
創 業 昭和2年4月1日
建設業許可 建設工事業
許可番号 広島県知事許可(特-22)第1358号
建築士事務所登録 ニ級建築士事務所
登録番号 広島県知事登録 第08(2)2194号
営業種目
  1. 一般住宅新築工事設計施工
  2. 一般住宅増改築工事設計施工
  3. 社寺建築設計施工
スタッフ 8名
有資格者
  • 一級建築施工管理技士 1名
  • 二級建築施工管理技士 4名
  • 二級建築士 2名
ブログ http://19710415.at.webry.info

ページのトップへ