トップページ > 施工事例紹介トップ > 横更建工「マンションアプローチのバリアフリー」

横更建工

マンションアプローチのバリアフリー

マンションアプローチのバリアフリー

戸建住宅に限らず、マンションの入口でもバリアフリー化が求められています。
以前は、階段のみの入口やスロープがあっても急だったりと、使える状態に無い事もあります。

今回は、階段のみの状態から、一部スロープを付けて高齢者や車椅子使用者そしてベビーカーを使用される世代まで、幅広く利用できるように改修いたしました。

改修前

浴室リフォーム前

このような段差があり、高齢の方や車椅子、
ベビーカーが楽に入れる状態にありません。

階段の解体作業

解体中 解体完了

削岩機によって、コンクリートやタイルを剥いでいきます。

土を転圧したら、砕石敷きをします。

スロープの施工

スロープ境界兼手摺り基礎の設置 スロープ境界兼手摺り基礎の設置完了 コンクリート下地鉄筋組み

コンクリート打設をする前に、鉄筋を入れることにより強度が増します。
鉄筋の下に土に接しないようにモルタルスペーサーと言う物をセットします。これをするかしないかによって、鉄筋コンクリートの強度が変わりますので忘れなく、等間隔(規定はあります)で入れます。

階段解体後、スロープの境をコンクリートブロックによって形成していきます。

 

ブロックには手摺りの柱となる穴を予め明けておきます。

 

コンクリート打設をする前に、鉄筋を入れます。

 
コンクリート打設 手摺りの設置 タイル貼り前状況

コンクリートを打設して、左官仕上げをします

 

手摺りの取り付けです。お子様や小柄な方も使い易いように2段式にします。

 

コンクリートが硬化したら、土間タイルを貼ります。

タイル貼り状況 スロープ設置完了

マンションは理事会などで決定しないと出来ない工事ですが、ご覧頂いたように、簡単に設置できます。

人の暮らしに合せて建物を計画し、改修していく事がとても重要です。

タイル貼り状況。150角でノンスリップ仕様を選びます。

 

これで、スロープの設置完了です。
意外と簡単にリーズナブルで出来ます。

施工事例

会社概要

名 称 横更建工株式会社
http://yokoken.p-kit.com

大きな地図で見る
本 社 〒731-3161 広島市安佐南区沼田町伴9395番地
木材加工場・
資材センター
広島市安佐南区沼田町伴
連絡先 TEL:082-848-0315 / FAX:082-848-6095
創 業 昭和60年7月
建設業許可 広島県知事(般-18)第19334号
宅地建物取引業許可 広島県知事(5)第7618号
一級建築士事務所 広島県知事09(1)第3330号
スタッフ 7名
営業種目
  1. 住宅のリフォーム・新築
  2. 官公庁、病院、ビルのリノベーションリフォーム
  3. インスペクション業務
有資格
  • 1級建築士
  • 2級建築士
  • 1級建築施工管理技士
  • 1級土木施工管理技士
  • 2級建築施工管理技士
  • 2級土木施工管理技士
  • 宅地建物取引主任者
  • 2級福祉住環境コーディネーター
  • 3級福祉住環境コーディネーター
  • 福祉用具専門相談員
  • 広島県地震被災地建物応急危険度診断士
  • 特定化学物質等作業主任者
  • 大建工業(株) ダイライト耐震壁 施工技術者
ブログ http://blog.livedoor.jp/yokoken0315

ページのトップへ