トップページ > 施工事例紹介トップ > 宮川工務店「集合住宅ローコストリノベーション~コストを掛けず入居率UPを目指した間取り変更~」

宮川工務店

集合住宅ローコストリノベーション~コストを掛けず入居率UPを目指した間取り変更~

集合住宅ローコストリノベーション~コストを掛けず入居率UPを目指した間取り変更~

築40年の木造アパートの一室。ひどく傷んだ状態で入居の問い合わせもなく、長らく空室状態に。

そこでコストを抑えた改装工事を敢行。大家さまにも入居者さまにも、そして地球にもやさしいリノベを目指しました。

画像にカーソルを乗せると、左に拡大画像が表示されます

トイレのリフォーム

新しく筋交いをいれていきます。

ひどく傷んだ和式便所。
90cm×90cmの狭い空間で使い心地が良いとは言えません。

入居率アップため水廻りの快適性向上は不可欠。洋式便器はもちろん、間取り変更でスペースを広く取りました。それに伴い、出入口も片引き戸に変更。バリアフリーなトイレとなりました。

 

窓に向かって大きな棚。その中身は・・・

 

玄関からの靴箱になっております。靴箱の上には鍵置き場も配置。少ない空間をコストを掛けずに有効活用しています。

浴室のリフォーム

昔ながらのタイル張りのお風呂です。
ひんやり冷たく、快適でない上に解体してみるとタイルの目地からかなりの量の水が浸透していました。

省スペース、省コストのため洗面化粧台代わりに浴室に手洗い器を。

段差解消をして使い勝手を良くしました。

キッチンのリフォーム

古くなった流し台。
水のみの配管で給湯が配管されておらず、瞬間湯沸かし器を設置するタイプでした。

賃貸物件ということもあり、次回も交換がしやすい仕様に。
水がかかるところはキッチンパネルを、床はクッションフロア仕上げとしました。

換気扇フードも新設しました。

居室のリフォーム

元々はそれぞれ独立した6帖の和室が二部屋並んでいました。
賃貸の場合、人が退去する度に畳の表替えや襖の貼替が必要になってしまうため、維持管理にお金が掛かってしまいます。

二部屋共、維持にローコストな洋室に。
二部屋を完全に繋げることも検討しましたが、構造上取ることが出来ない柱、壁があったため一部を開口し、間仕切りと扉を兼ねた180cmの片引き建具を設置しました。
入居される人によってフレキシブルに対応できる間取りとしました。

←押入も使いやすい吊り折戸に変更。部屋全体の内装は奇を衒わず、万人受けする白を基調とした清潔感あふれるイメージに。

住宅の省エネ化に伴う補助金の利用

建具 建具 建具 建具

居室二か所、浴室、キッチン、トイレの窓は元々、木製建具でした。今回、ペアガラスのアルミサッシに変更し、省エネ化を図ると共にその補助金を申請することによって大家さまの負担を軽減させることができました。省エネサッシ採用に伴い、節水型便器、手摺や段差解消に渡るバリアフリー化にも補助金を申請いたしました。

施工事例

会社概要

名 称 有限会社 宮川工務店
http://www.e-miyagawa.net

大きな地図で見る
所在地 〒731-0113 広島県広島市安佐南区西原一丁目24-36
連絡先 TEL:082-874-2784 / FAX:082-874-8851
設 立 昭和46年3月 設立
平成 3年 3月 法人成
建設業許可 建築工事業
許可番号 広島県知事許可(般-24)第24206号
建築士事務所登録 一級建築士事務所
登録番号 広島県知事10(1)第3426号
営業種目 住宅の新築工事・増改築工事・リフォーム工事の設計・施工・監理
スタッフ 4名
有資格者
  • 一級建築士 1名
  • 二級建築士 1名
  • 木造建築士 1名
  • 二級建築施工管理技士 1名
ブログ http://miyagawa-gemba.seesaa.net

ページのトップへ