トップページ > 施工事例紹介トップ > 宮川工務店「耐力壁~増強とバランス~」

宮川工務店

耐力壁~増強とバランス~

耐力壁~増強とバランス~

耐震補強とは、建物の耐震性能を向上させるために行う補強工事のことです。

方法としては、基礎を鉄筋コンクリート造のベタ基礎にする、柱と梁との接合部分を耐震金物などで強化する、壁全体を構造用合板で強化するなどの方法がありますが、今回は、耐力壁の量を増やし、バランスを整えるという観点から施工したケースをご紹介いたします。

画像にカーソルを乗せると、左に拡大画像が表示されます

耐震パネル施工箇所A

施工準備 補強用金具を柱頭二ヶ所、柱脚二ヶ所に取付

施工準備。

 

補強用金具を柱頭二ヶ所、柱脚二ヶ所に取付。

 
耐震パネルを取り付ける横桟取付 耐震パネル取付 内装仕上げ工事で完成

耐震パネルを取り付ける横桟取付。

 

耐震パネル取付。
パネルがそのまま下地材に。

 

内装仕上げ工事で完成。

耐震パネル施工箇所B

耐震パネルを取り付け前 耐震パネルを取り付け 耐震パネルを取り付け後

筋 交(すじかい)

既浴室を解体すると、既存の筋交いは横架材と柱に正しく取り付けられていなかった。 充分な長さの筋交いを用意し、梁と柱、土台と柱を繋ぐ。 二倍金物取付。

浴室を解体すると、既存の筋交いは横架材と柱に正しく取り付けられていなかった。

 

充分な長さの筋交いを用意し、梁と柱、土台と柱を繋ぐ。

 

二倍金物取付。

 
既存の筋交いは取り外さず、手前に新規筋交いを設置 断熱工事 システムバス設置

既存の筋交いは取り外さず、手前に新規の筋交いを設置。

 

断熱工事。

 

システムバス設置。

工事を終えて

今回の工事では耐力壁を増やすことはもちろん、家全体のバランスにも留意して耐震パネル取付位置を決め、補強工事を行いました。
リフォーム予定箇所が、構造上、重要な部分を多く含んでいたことも幸いし、耐震改修としての追加費用を抑える結果となり、お客様も喜ばれておりました。
また、家全体ではなく、リビングや寝室の一室だけ改修し安全空間を確保するプチ耐震工事もあります。耐震改修工事に比べて手軽で費用も低く抑えられます。

施工事例

会社概要

名 称 有限会社 宮川工務店
http://www.e-miyagawa.net

大きな地図で見る
所在地 〒731-0113 広島県広島市安佐南区西原一丁目24-36
連絡先 TEL:082-874-2784 / FAX:082-874-8851
設 立 昭和46年3月 設立
平成 3年 3月 法人成
建設業許可 建築工事業
許可番号 広島県知事許可(般-24)第24206号
建築士事務所登録 一級建築士事務所
登録番号 広島県知事10(1)第3426号
営業種目 住宅の新築工事・増改築工事・リフォーム工事の設計・施工・監理
スタッフ 4名
有資格者
  • 一級建築士 1名
  • 二級建築士 1名
  • 木造建築士 1名
  • 二級建築施工管理技士 1名
ブログ http://miyagawa-gemba.seesaa.net

ページのトップへ